身体

【疑問】トラガスにピアスをしたままイヤホンってできるの?

目安時間 10分
  • コピーしました

トラガスピアスに興味はありますか?

 

トラガスピアスとは、耳の穴の前にある小さな軟骨にする

ボディピアスのことです。

 

最近では、若い方を中心に人気が高く、街を歩いていると

見かけることも多いですよね。

 

とてもオシャレで、ファッションの一部としてトラガスピアスは

人気なのです。

 

そんなトラガスピアスですが、トラガスピアスをしたまま

イヤホンをつけることができるのか気になりませんか?

 

音楽をイヤホンで聞く場面は、日常であるかと思いますし、

そのときにイヤホンを使うことができなければちょっと困るかも

しれませんね。

 

そこでこの記事では、トラガスピアスをしたままでイヤホンを

使うことができるのか見ていきたいと思います。

 

また、自分でトラガスピアスを開ける方法についてもご紹介

したいと思います。

 

今、トラガスピアスをやってみたいなと思っている方のお役に

立てますと幸いです。

 

 

トラガスにピアスをしているときはイヤホンよりヘッドホン

 

 

 

早速、トラガスピアスをしたままイヤホンをつけることは

できるのか調べてみました。

こちらのサイトを参考にしました。

https://pasnavi.com/tragus-earphone

 

結論からいうと、トラガスピアスを開けてすぐは、イヤホンを

つけるのはやめたほうがいいようです。

 

トラガス(軟骨)は、ピアスホールが安定するまで3ヶ月近く

かかります。

 

さらに完成までは、1年近くもかかるのだそうです。

 

けっこう時間がかかりますよね。

 

まだピアスホールが安定していない状態のときに、イヤホンを

つけて、下手に刺激を与えてしまうと、ピアスホールが上手く

完成しないという事態が起こる可能性があります。

 

せっかくトラガスピアスを開けたのですから、これは避けたい

ですよね。

 

さらに怖いのは、イヤホンをすることでピアスホールを傷つけて

しまい、腫れたり炎症したりといった症状が出てしまうことです。

 

こうならないためにも、トラガスピアスを開けた後にイヤホンを

つけることは、おすすめされていないようですね。

 

でもどうしてもイヤホンをしたい!という方は、ヘッドホンに変更

してみるという手があります。

 

おすすめのヘッドホンに、「TREKZ TITANIUM Bluetooth ヘッドホン」

というものがあります。

 

こちらのヘッドホンの特徴は、耳をふさがない骨伝導のヘッドホン

というところです。

 

耳をふさがなくていいので、トラガスピアスを傷つける

ことがなく、音楽などを楽しむことができそうです。

 

また、音漏れもしないそうなので、まわりに人に音を聴かれる

心配もなくていいですね。

 

ぜひこういったヘッドホンを活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

【トラガスピアスの開け方】自分でニードルを使う方法

 

 

 

ここでは、自分でトラガスピアスを開ける方法についてご紹介

していきます。

 

使う道具は、「ニードル」というものになります。

 

自分で開ける場合は、ピアッサーだと危険も多いので、ニードルで

開けるのがおすすめのようです。

 

ニードルはネット通販で購入可能ですよ。

購入したら、先の方を少し曲げておきましょう。

 

では、トラガスピアスの開け方を見ていきます。

 

こちらのサイトを参考にしました。

https://bodypimania.com/media/677#i-9

 

まず、しっかりと石鹸などで手をよく洗います。

 

次に、清潔な小さい器に市販の消毒液を入れて、ニードルと

ピアス、消しゴムをつけておきます。

 

そして、コットンや綿棒に消毒液をつけて、穴を開けたい部位の

表と裏の両方に丁寧に消毒します。

 

終わったら、ニードルで開けたい部位に、スキンマーカーで

印をつけます。

 

ニードルに軟膏をつけ、耳の穴側から消しゴムを当てます。

 

曲げたニードルをトラガスに垂直にして、ニードルを

マーキングした印に合わせて一気に貫通させます。

 

そのまま消しゴムにニードルを刺します。

 

ニードルの尖端を消しゴムに刺したまま、尖端が外側に逃げて

いくように突き刺していきます。

 

ニードルの曲がった部分を超えたところで一休みし、この状態で

少し落ち着かせましょう。

 

最後に、ニードルの端にファーストピアスを当てて、徐々に

ニードルを抜いていき、抜くと同時にピアスをホールに入れ、

キャッチをつけたら完了です。

 

いかがでしょう?

 

ニードルを使えば、自分でもトラガスピアスを開けることは

できそうですよね。

 

文章だけでは分かりにくいという方は、先ほどのサイトの画像も

参考にやってみてくださいね。

 

 

まとめ

 

 

これまで、トラガスピアスをしたままイヤホンをつけることは

できるのか?ということについて、またトラガスピアスをしている

場合はイヤホンはやめた方がいいこと、さらに自分でトラガス

ピアスを開ける方法をご紹介しました。

 

トラガスピアスをすると、イヤホンは避けた方がいいことが

分かりましたよね。

 

このように、トラガスピアスを開けることで、気を付けなければ

ならないことは他にも出てくるでしょう。

 

オシャレだし、みんなやっているからという理由だけで、

安易にトラガスピアスを開けるのは、やめたほうがいいですね。

 

もちろん、きちんとリスクなども理解した上で開けるというので

あれば、問題ないでしょう。

 

トラガスピアスの良い部分だけではなくて、困る部分もきちんと

理解しておくことが大事ですね。

 

また、自分でトラガスピアスを開けようとする場合にも同じことが

言えるでしょう。

 

トラガスピアスについての知識や注意点をしっかり把握してから

トラガスピアスを開けるようにしたいですね。

  • コピーしました

   身体