身体

【更年期障害】何度も耳の閉塞感を感じたときは突発性難聴かも

目安時間 23分
  • コピーしました

更年期になってから、耳の閉塞感を感じて悩んでいるという方もいるかも

しれませんね。

 

この場合、更年期障害が原因なのでしょうか…。

 

この記事では、更年期障害と耳の閉塞感の関係性について見ていきたいと

思います。

 

更年期障害の鼻炎と花粉症の見分け方



早速、更年期障害と耳の閉塞感の関係について調べてみました。

https://www.hari-care.jp/%E8%80%B3%E9%96%89%E6%84%9F%E3%83%BB%E3%82%81%E3%81%BE%E3%81%84%E3%80%81%E7%94%9F%E7%90%86%E5%91%A8%E6%9C%9F%E3%80%81%E3%82%80%E3%81%8F%E3%81%BF%E3%81%AE%E4%B8%89%E8%A7%92%E9%96%A2%E4%BF%82/

 

こちらのサイトによると、耳の閉塞感は更年期障害と関係があることも多い

ということがわかりました。

 

ほかにも、生理周期や体のむくみとも関係があるようです。

 

そもそも耳の閉塞感というのはどういう感じかというと、耳に閉塞を

感じるだけでなく、浮遊しているような感覚に襲われることもあるそうです。

 

これらは、強くなったり軽減したりしながら繰り返すことが多いといいます。

 

1日のうちでも午前中は比較的症状が強く、午後になると治まるといった

感じで、症状の経過や頻度は、人によってさまざまなのだそうです。

 

ですが、更年期の症状のひとつと思っていたら、実は突発性難聴だったという

こともあるようです。

 

なので、耳に違和感を感じた場合は、早めに耳鼻科を受診するようにするのが

良さそうです、

 

また、鼻水やくしゃみが止まらないことがあると、鼻炎や花粉症を疑う

こともあるかと思います。

 

実はこれらは、更年期障害とも関係が深いようなのです。

http://esaki-ent.jp/jokan/faq/

 

そもそもアレルギーによって起こる鼻炎と、花粉症の違いには次のようなことが

あります。

 

まず、アレルギー鼻炎というのは、鼻の粘膜に起こるアレルギー反応で、

くしゃみや鼻水、鼻づまりといった症状を繰り返します。

 

原因は、ハウスダストやダニ、犬や猫などのペットなどの場合があります。

 

次に、花粉症はアレルギー性鼻炎の一種で、ある特定の花粉が目に入ったり、

鼻から吸い込まれることによって起こるアレルギー症状で、目のかゆみや

鼻水、全身の倦怠感といったことなどがあります。

 

上記の症状は似ており、自分ではどちらなのか区別するのは難しいでしょう。

 

そして、更年期障害ではアレルギー症状が強く出るということもあるようです。

 

つまり、更年期障害が引き金となって、上記のようなアレルギー症状が強く出て

しまったということも考えられます。

 

どちらにしても、上記のような症状がある場合は、一度病院受診するのが

いいですね。

 

そもそも「更年期障害」とは?特徴・症状・対処法まとめ



自分が更年期障害かもしれないと思っている方もいるかと思います。

 

ここでは、更年期障害の特徴や症状、対処法について調べてみました。

https://ko-nenkilab.jp/menopause/about05.html

 

更年期障害の特徴としては、おおよそ50歳前後の年で閉経を迎えて、

この閉経の時期をはさんだ前後10年間(一般的に45~55歳ごろ)に

症状があらわれることが多いということがあります。

 

具体的な症状としては、めまいや不眠、頭痛、不安感、ホットフラッシュ、

動悸、発汗、むくみ、のどの渇き、吐き気や下痢、便秘、胃もたれ、肩こり、

腰痛といったように多岐にわたります。

 

精神症状から身体症状まであるので、自身の不調が更年期障害によるものだと

気づいていない場合もあるかもしれません。

 

更年期障害の症状が出るのは、女性ホルモン(エストロゲン)の急激な減少による

ものだけではなく、心理的な要因(仕事や家庭環境等)も複雑に関与しています。

 

よって、症状の出方も個人差が大きいのです。

 

もし、更年期障害と思われる症状が出たときにどのように対処したらいいか

というと、自身の生活習慣を見直すことと、病院に相談してみるということが

大事でしょう。

 

更年期障害は、日々の生活習慣も大きく関係しています。

 

食事、睡眠、運動について見直したり、ストレスをためない生活習慣を

心がける等、自分でもできることもあるようです。

 

それでも全く改善しない場合は、早めに病院で相談するようにしたいですね。

 

まとめ



これまで、更年期障害と耳の閉塞感の関係性について、また

突発性難聴の可能性もあるということ、さらに更年期障害の鼻炎と

花粉症の見分け方について、そして更年期障害の特徴や症状、

対処法についてお伝えしてきました。

 

更年期障害と耳の閉塞感は、関係が深いことがわかりました。

 

ほかにも、生理や体のむくみとの関係もあるようなので、覚えておくと

いいですね。

 

また、耳の閉塞感は更年期障害による症状ではなく、突発性難聴が原因の

こともあるということがわかりました。

 

この場合は、早めに病院に行くことが重要です。

 

耳の聞こえが悪いなと思ったら、早めに耳鼻科に行きたいですね。

 

さらに、更年期障害の鼻炎と花粉症の見分け方は、自身では難しいということが

わかりました。

 

どちらもアレルギーによる症状なので、更年期障害がきっかけとなって症状が

強く出ることも考えられます。

 

どちらなのかわからないときも、一度病院で相談するといいですね。

 

そして、更年期障害の特徴や症状、対処法についてもわかりました。

 

症状は人それぞれなので、自身の症状が更年期障害からくるものだとは、

思ってもみなかったという人もいるかもしれませんね。

 

この機会に、更年期障害の特徴や症状、対処法についてしっかりと理解しておくと

良さそうですね。

  • コピーしました

   身体 

この記事に関連する記事一覧